沖縄県宜野湾市の新垣形成外科の院長、新垣 実のプロフィールです、顔の形成手術を得意としています

ドクター紹介 新垣実

ドクター紹介

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

ドクター紹介

新垣形成外科院長

新垣 実Arakaki Minoru M.D.

長崎大学形成外科に入局後、形成外科全般の研鑽を積み、形成外科専門医を取得。頭蓋顎顔面治療を専門とし、眼瞼、鼻、顔面の輪郭などに精通する「顔のスペシャリスト」。 長崎大学形成外科の関連病院を歴任した後、1996年に中部徳州会病院形成外科部長として沖縄に帰郷。
からだに優しい治療の重要性を先見し、沖縄で初めて皮膚レーザー治療を導入する。 形成外科・美容外科治療を提供できる医療施設が非常に少なかった沖縄で、患者様が安心して高度な施術が受けられるように、1998年にスキンクリニック新垣を開設。
その後、2004年に宜野湾市宇地泊に「新垣形成外科」として移転。
毛髪治療、メディカルエステを含めた、包括的な形成・美容治療を提供する。
腋臭症の手術治療2500件と沖縄県随一の症例数を誇る。
美容治療全般に習熟するが、特に洗練された眼瞼の手術の定評は高く、眼瞼下垂、重瞼、目の下のたるみ取りなど、数多くの眼瞼手術を手がける。また、顔面構造を熟知したボトックス、ヒアルロン酸、スプリングリフトなどの美容治療は、達人の域に達する。さらに、健やかな美のために、体の内側の栄養から整えることにも注目し、分子矯正医学認定医、抗加齢医学会専門医をはじめとした美容内科治療の各種資格を有する。

得意な治療

新垣実 略歴

1959年 沖縄県那覇市生まれ
1984年 長崎大学医学部 卒業
1986年 長崎大学形成外科入局 臨床研究生
1996年 中部徳州会病院形成外科 部長
2000年 スキンクリニック新垣 院長
2004年 (医)新美会 新垣形成外科 理事長
現在に至る。

所属学会

  • 日本形成外科学科正会員/専門医
  • 国際形成外科学会正会員
  • 日本美容外科学会正会員
  • 国際美容外科学会正会員
  • 日本レーザー医学会正会員
  • 日本抗加齢医学会正会員/専門医
  • 日本ホメオパシー医学会/認定医
  • 日本臨床栄養学会正会員
  • NPO分子矯正医学協会/認定医
  • 医学博士
  • 日本美容外科学会正会員/評議員
  • 日本臨床カンナビノイド学会正会員/理事長
  • 国際医療カンナビノイド学会正会員/専門医アンバサダー
  • 日本プラズマ研究会/理事

患者様へのメッセージ

得意な手術は顔の形成手術です。
特に眼瞼下垂症や重瞼術などを中心に目の形成手術が得意です。
目は、その人を特定するとても重要な目印ですので、その形成には十分な配慮が必要です。
人には、それぞれにふさわしい目の形があると考えています。
患者さんの希望に耳を傾けながらも 流行に流されずに、専門家としてナチュラルに見える目の形を提案しています。 また鼻の形成手術も得意分野のひとつです。
母校の長崎大学大学形成外科が唇裂口蓋裂を専門としていたため、解剖から臨床までみっちりトレーニングを受けましたので、シリコンプロテーゼを使わずに、自家組織を用いて自然な鼻を作る様に心がけています。
最近では、外見だけではなく、体の中から美しくなる、美容内科も提案しています。
サプリメント外来や、美容点滴療法など、体の中からの若返りのお手伝いをさせていただき 大変ご好評をいただいております。
新垣形成外科の提案するアンチエイジング治療をぜひお試しください。