求人募集 看護師・サプリメントスタッフ求人募集 看護師・サプリメントスタッフ

診療・施術の流れ

スマートフォンサイトのご案内

診療記録等の開示を申請する方へ診療記録等の開示を申請する方へ

よくある質問

眼瞼下垂症
今年36歳になりますがまぶたが三重になり人から眠たそうと言われます。視界も前より狭くなってきたように感じます。
・祖母は高齢になってからこの手術を受けていましたがあまり変わっていませんでしたが早めに受けた方が効果などあるのでしょうか?
・どんな状態だと保険適用になりますか?
保険適応があるかどうかは、近くの眼科で診てもらってください。そこで眼瞼下垂症と診断され、紹介状をいただければ保険診療が可能です。
36歳の若さで、後天的に眼瞼下垂症になる原因の一つに、コンタクトレンズの使用があります。コンタクトレンズの刺激で眼瞼挙筋が瞼板から外れて腱膜性眼瞼下垂症を発症します。
手術をすれば、眼は楽に開くようになります。これはあくまでも推測ですが、高齢者の場合長らく放置することで挙筋機能が廃絶する場合がありますので、おばあさまはそのケースだったのかもしれません。
目の上の凹みが気になります。夕方くらいから凹みができます。それに伴い二重の幅も広くなってきます。この凹みにPRPFは有効ですか?注入すると重くて目が開けにくいという心配はありませんか?
PRPFで上眼瞼の凹みを修正することは可能です。ただし、上眼瞼のくぼみは、高齢で眼窩脂肪が萎縮しているか、極度の痩せでない限り、眼瞼下垂症でよく見られる症状の一つでもあります。その場合、不用意にPRPFや脂肪注入すると、目が重たく感じる可能性があります。
上眼瞼のへこみの治療法は、症状によって幾つか種類がございますので、まずはご相談下さい。
目の下のくま
目の下のくまと少しの凹みの治療について。
ヒアルロン酸を注入したが、この治療はその日から徐々に減っていくんですか?
6ヶ月たってから減るのですか?
ヒアルロン酸は注入した日から徐々に減っていきます。平均6ヶ月で効果がなくなると言われているが、個人差があり、3ヶ月で効果がなくなる人もいれば、1年以上効果が続く場合もあります。
目の下のくまにPRPFを施術した場合、赤みはでますか?
また、その赤みは何日ぐらい続きますか?
余ったものを法令線や眉間に打っても、その箇所も赤みはでますか?
余ったのを打つ場合も同額ですか?
PRPFは1週間ほど赤みや浮腫が起こります。法令線や眉間に注射しても同じく赤みはでます。  余ったものを他の部位に打つ場合も同額です。
過去に、目の下のくまにヒアルロン酸を注入したことがあります。
その場合でもPRPFの施術は可能ですか?
ヒアルロン酸を同じ箇所に受けたことのある人が、PRPFを受けるにはヒアルロン酸を完全に溶かす薬を前もって注射する必要があります。ヒアルロン酸の後にPRPFを施術する場合は、最低でも6か月は空けていただきます。
シミ・肝斑
肝斑だと思われるシミで悩んでいます。色々調べる中で、通常のレーザー治療では悪化する場合があるという事と、メドライトC6という肝斑に適したレーザーがある事、並行してサプリメント治療を受けないと効果が出にくい事などが分かったのですが、 貴院では具体的にどのような機械で治療されているのか、また、サプリメント治療など具体的な事を教えて下さい。
レーザー治療に関しては、Long pulse Nd:Yag レーザー(XEO, Genesis)でトーニング治療を行っています。 サプリメントは普通にVit.Cを処方していますが、肝班の場合は、内服薬のトラネキサム酸のほうが効果は高いです。そのほかにも、Vit.C導入、ピーリング、などのメディカルエステ治療や、トラネキサム酸クリーム、ハイドロキノンクリームなどのホームケア商品をお勧めしています。
刺青レーザー
タトゥーの除去手術(レーザー除去)はありますか?
当院でも刺青レーザー治療は行っております。まずは診察で状態を見てから、後日レーザーの予約をご案内させていただきます。状態によっては、他医院に紹介になる場合もあります。
アートメイク
アートメイクはしていますか?眉毛と、アイライン?しているのなら、施術中の痛みはどれくらいありますか?
施術は1回で終わりますか?
当院ではアートメイクは眉毛のみ行っております。施術中の痛みは、注射でしっかり麻酔しますので、無痛での施術を行います。施術後は、軽い炎症やごく軽度の痛みが出ることがありますが、自然に治ります。追加注入を希望する場合は、少なくとも前回注入から3ヶ月以上待機後、施術が可能です。1年以内に行う2回目の施術料金は初回費用に含まれます。
お支払い方法
治療日は分割払いも可能ですか?
治療費は現金でお支払いいただく際は、一括でのお支払いのみとなります。クレジットカードでのお支払いも可能ですが、分割払いは各種クレジットにより支払方法が異なります。お持ちのカード発行会社へお問い合わせください。
多汗症ボトックス・わきが治療
脇の多汗症ボトックス治療について質問です。  以前2013年の、ブログにて、貴院が保険適応の指定医療機関である旨表記されておりますが、「新垣形成外科」ホームページの方では脇のボトックス治療に関して自費治療のみの表記しかありません。  原発性腋窩多汗症の場合は、脇のボトックス治療は保険適応となるんでしょうか?
大変申し訳ございませんが、現在は保険適応のボトックス治療は行っておりません。指定医療機関資格も返上いたしました。自費診療でのボトックス注射で対応しております。
脇の多汗症、わきがの治療をうけたいのですが、保険は適用されますか?全額実費になりますか?
当院では、脇多汗症・わきがの治療は全額自費診療になります。
子供の脇の臭い汗について相談です。まだ10歳の子なのですが、脇の臭いがキツイです。お友達にも指摘されるようで本人もとても気にしているので治療を検討中です。保険適用の治療とはどのような治療でしょうか?また小学生からこのような治療をやっても大丈夫でしょうか?
いわゆるワキガの原因となるアポクリン腺は、成長期が終了する18歳頃まで、増殖し続けます。したがって10歳で手術を行っても必ず再発します。手術を複数回行うのは身体にとっても負担ですし、術者にとっても2回目以降の手術は難しくなります。今の年齢ですと手術療法ではなく、その他の治療法の適応です。
最近では、デオドラント製品(アルミや銀を使用した製剤)も随分と効果的ですのでお試しください。また、ミラドライなど切らない光治療器もお子さんには有効だと思います。(残念ながら当院には配備しておりません)ただ、いじめとか問題があって今すぐ手術したい場合には、全身麻酔と入院治療が必要ですので、設備の整った病院の形成外科受診をお薦めします。当院から紹介状を出しますのでご相談ください。
脇の黒ずみ
脇の黒ずみがひどく、皮膚科にて美白クリーム(トレチノイン?)を貰ったが痒くなり私には合いませんでした。ネットで調べたところレーザートーニングによる治療があると知りましたが行ってますか?
脇の黒ずみは、なんらかの原因で皮膚に炎症が続いていることを示します。したがって炎症の原因を突き止めて、除去する必要があります。例えば、多汗がありデオドラント製品を常用している場合、毛抜き(or カミソリ)で腋毛を処理している場合皮膚炎で腋窩が湿潤し、慢性の湿疹になっている場合などが考えられます。診察をした上で、原因を突き止め、適切な治療を案内いたしますので、いちど診察にお見えになってください。
ほくろ、できもの
ほくろを取りたいのですが、1回の来院で切除可能ですか?
ほくろレーザーの適応になった場合は予約当日でレーザー施術可能です。切除が必要になった場合は予約当日は術前検査の採血を行い、後日手術予約になります。
大学生の男性なんですけど、ほくろ除去を考えています、男性の方でも気軽に行けますでしょうか?
もちろん、男性の方の受診も大歓迎です。気軽にお越し頂けます。
目の下の、少し離れた所にほくろがあり、3年前に他院でレーザー施術したのですが、盛り上がっているほくろだっだ為、切除した方が良いと言われたのですが、怖くて切除は断りました。レーザーで色がなくなったのですが、やはり気になるので取りたいです。治療でどれくらいの期間が必要か知りたいです。大きさは直径3?~4?くらいです。
①ほくろレーザーの場合、診察当日に施術、施術2週間後、2ヶ月後に経過診察を行います。施術直後はくぼんだ状態になりますが、軟膏で2週間ほど保護すると、皮膚が再生してきます。再生した皮膚が色素沈着をおこしてシミにならないように、施術後2ヶ月は日焼け止めのアフターケアが必要です。
②切除の場合、手術翌日消毒、術後1週間後に抜糸の予定になっております。抜糸して数日後から、きずあとが大きくならないように、また、紫外線を予防する目的で、テープ療法(医療用テープによるきずあとの保護)が必要です。ほくろを除去した部位が本当に目立たない状態に安定するには、数ヶ月かかりますので、どちらもこれらのアフターケアがとても大切です。
未成年のほくろ除去希望です。両親は仕事が忙しく一緒に来院することが難しいです。同意書を一旦持ち帰り後日また持ってきたりできませんか?
当院では、20歳未満の未成年の場合は、基本的には診察日、施術日に付き添いの方同伴していただき、ご説明をさしあげております。
遠方のかたや、診察日・手術日のいずれかに親権者の同伴ができない場合には、同意書に、代理人か親族のご署名・ご捺印のうえ、手術日お持ちいただければ治療可能です。
イボのようなできものがあるが除去は可能か?
イボ・できものの治療も行っております。イボ焼却、レーザー治療、切除、内服治療などがあります。どの治療が適応かは診察が必要です。

PAGE TOP