専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸

このような方へ

  • 乳房のサイズを大きくしたい
  • 魅力的でセクシーな体型になりたい
  • 異物を使わずに自分の組織だけで豊胸したい
  • 左右差や下垂などの変形も治療したい
  • 若々しい胸のかたちを取り戻したい
  • 同時に気になる部位の脂肪吸引もしたい
  • 誰にもキズあとが分からないようにしたい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真
  • キャンペーン・モニター

特徴

コンデンスリッチ豊胸とは

コンデンスリッチ豊胸とは、ご自身の脂肪細胞を脂肪吸引により採取し、荷重遠心分離により、脂肪壊死やしこり、石灰化の原因となる死活・老化細胞や細胞破片などの不純物を除去して、脂肪注入により豊胸をおこなう方法です。

自分の脂肪を使うので、異物によるリスクやメンテナンスの不便がなく、自然で、永久に続くバストのボリュームアップが得られます。

手順は、脂肪吸引→濃縮→CRF注入

この治療は、3つの手順から成り立ちます。

1.脂肪吸引
まず、脂肪吸引で、注入するための脂肪を採取します。脂肪は、数mmの細い専用のカニューラで吸引するので、目立つあとは残りません。
脂肪は、気になる部位、シェイプアップを希望する部位から吸引します。お腹、太もも、お尻周りなどをご希望されるかたが多いですが、十分な量の脂肪を注入するためには、少なくとも、500600cc以上の脂肪が採取できる部位が理想的です。

2.濃縮
脂肪吸引が終わったあと、休憩室で1時間ほど、ゆっくりと休んでいただきます。
その間に、採取した脂肪を荷重遠心分離という特殊な精製方法で、活性が高く、定着しやすい脂肪のみを抽出・濃縮します。定着せずにしこりや感染・壊死の原因になる不純物や老化した細胞はこの工程で除去します。

3.脂肪注入
乳房に注入して豊胸します。胸の谷間や、萎縮した上側部分など、そのかたの形、希望に応じて、注入部位や量をオーダーメイドします。脂肪吸引・注入の作業は、静脈麻酔により痛みを感じず、寝ているうちに終了します。

濃縮して優等生の脂肪だけを注入する効果は絶大

コンデンスリッチ豊胸は、効果的に豊胸するために、荷重遠心分離により、脂肪細胞を選別します。
従来おこなわれていた、単純に脂肪注入する方法と比較し、コンデンスリッチ豊胸は無駄になる脂肪が非常に少なく、脂肪細胞の定着率が大幅にアップし、バストのボリュームアップ効果が格段に向上しました。

ウェイトフィルターの役割

脂肪を濃縮するために、特許技術の「ウェイトフィルター」を用います。


コンデンスリッチファット(CRF)の抽出では、遠心分離だけではなく、圧力を加えることで死活細胞や力尽きた老化細胞を押し潰して除去し、健全で若い脂肪細胞を濃縮します。この工程により脂肪の定着が増し、石灰化やしこり、脂肪壊死といった合併症を防ぐことにもつながりますが、それを可能にするのがウェイトフィルターです。
ウェイトフィルターの重さによって、遠心分離の際に脂肪にかかるG(圧力)は、通常の遠心分離操作の約25倍になります。この時、老いた弱い脂肪細胞はG(圧力)に耐えられず、オイル(中性脂肪)になります。この約25倍のG(圧力)に耐えられた強く健全な脂肪細胞(コンデンスリッチファット)のみを抽出し、注入に使用するのです。
また、フィルターを装着した状態でのプロセスのため、空気中に含まれる雑菌など、不純物が混入することのない環境であり、感染症等のリスクが大幅に削減されます。

脂肪定着量比較(理論値)


脂肪採取量が800ccの場合

脂肪注入

コンデンスリッチ ファット注入

脂肪採取量

800cc

800cc

バストに注入できる脂肪量

800cc

533cc

定着量

320cc

426cc

※採取量や効果には個人差があります

 

メリハリボディーで豊胸効果倍増

脂肪吸引で気になるポッコリ部分から脂肪吸引することで、単純に豊胸だけをおこなうよりも、メリハリのある、美しいボディーシェープが得られます。
また、乳房の内側のボリュームを増やして谷間を強調したり、左右差を修正するなども、コンデンスリッチ豊胸だからこそできるオーダーメイドの豊胸です。

 

脂肪壊死や乳がん検診への支障を回避する注入法

  1. 脂肪壊死やしこりのリスクを回避する

1ヶ所に大量の脂肪を注入すると、血流が不足して十分な酸素や栄養を得られない脂肪細胞は、壊死して感染の原因となったり、石灰化という変化をおこして固いしこりになる危険性があります。濃縮して定着率のいい脂肪細胞だけを注入することで、この危険性はかなり低くなります。
当院では、さらに安全性を追求し、専用の脂肪注入器を用いて、脂肪細胞が固まらないように、少量ずつ、細かくたくさんの部位に分けて注入しています。

  1. 乳がん検診へのリスクを回避する

2016年現在、最新の国内統計では、生涯で乳癌になる日本人女性の割合は、12人に1人と言われています。
女性として輝くこと、自信を求めて豊胸したいとご相談にこられる方に、形と引き換えに乳癌に対する備えを危険にさらしてはいけない。当院ではこのように考え、乳房の治療全般において、常に乳癌検診や、乳癌治療に支障が出ないことを重視しています。
乳癌の発生母地である乳腺に、小さくても石灰化等の変化が起きると、乳がん検診で乳癌との区別がつかないことがあります。豊胸で大きくなったけど、乳癌の疑いがでてしまっては、いい治療とは言えません。
当院では、乳腺内に影響を及ぼさないように、乳腺の下の層の大胸筋と、乳腺の上の層の皮下脂肪内にのみ脂肪注入をおこなっています。

 

日本医療脂肪幹細胞研究会 CRF協会より正式認可を受けております

治療の安全性を確保する目的で、コンデンスリッチ豊胸を含めたコンデンスリッチファット(CRF)療法は、日本医療脂肪幹細胞研究会  CRF協会から認可されたクリニックだけができる施術です。当院は認可を受け、協会から正式にコンデンスリッチ豊胸の施術を許可されている正式施設です。

インプラント豊胸との使い分け

どれくらいのサイズの胸になりたいか、はっきりとした目的があり、さらにそのサイズアップが2カップ以上であるかたは、インプラント豊胸のほうがオススメです。好きなサイズが選べ、確実な増大効果が手術直後からすぐに得られます。
コンデンスリッチ豊胸での豊胸効果は、採取できる脂肪の量(極端に痩せ型の方で、脂肪の採取量が少ないと、十分なサイズアップが得られない事があります。)や、体格(胸の幅や肉付きなど)によって個人差がありますが、最大でも片側の胸で200250cc程度です。
1回の施術で、インプラント豊胸の様に極端に大きくする事には限界があります。
いっぽうで、異物を用いない、安全で、手触りも自然な豊胸を希望される方、同時にお腹や太ももなどのシェイプアップを希望される方、胸の谷間を強調するなどのオーダーメイド豊胸を希望される方には、コンデンスリッチ豊胸が適した方法です。

施術の比較

インプラント豊胸

コンデンスリッチ豊胸

治療内容

皮膚の小切開から、大胸筋の下のスペースに、シリコン製のインプラント(豊胸バッグ)を挿入。

吸引した自分の脂肪を濃縮し、コンデンスリッチファット(CRF)とし、バストに注入する。

適応

痩せ型から肥満体型すべて

極度の痩せ型を除く

触感

痩せた人は、多少の違和感あり。

自然

インプラントの形による

自由

サイズ

2カップ以上も
可能

12カップ
程度

定着率

-

約80%

持続効果

半永久的
(定期チェックは必要)

半永久的

施術時間

約1時間

約3時間

FDA
公認

あり

あり

術後の
痛み

やや強い

軽度(脂肪吸引部に鈍痛あり)

主な
合併症

カプセル拘縮、偏位

少ない

メリット

やせ型でもバストアップでき、すぐ効果が現れる

脂肪吸引によるシェイプアップ効果もある

同時にお顔のアンチエイジングも

コンデンスリッチファット(CRF)療法は、豊胸だけでなく、お顔のアンチエイジングにも用いられます。
目の下のクマの治療、法令線・マリオネットライン・ゴルゴラインなどの治療、こめかみや頬のへこみの治療等ご希望の方は、同時に施術をおこなうことも可能です。
お気軽にご相談ください。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約3時間
メイク 手術当日から可能
麻酔 局所麻酔と静脈麻酔併用
(痛みを感じずに寝ている間に施術が終了します。)
洗顔 手術当日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度だが、ある程度強い痛み
シャワー 3日目より可能(創部が濡れなければ当日から可能)
カウンセリング当日の治療 不可
デスクワーク 翌日から可能
沖縄短期旅行中の施術 基本的に不可(術後通院可能ならば応相談)
運動制限 軽い運動は1、2週間後から可能。激しい運動は約1ヶ月から可能。
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師と希望するサイズ、かたち、豊胸の方法などを相談します。
医師の診察と、サイズ測定等があります。

3.施術日決定

患者様とご相談しながら施術日をお電話で調整します。

4.麻酔・施術

静脈麻酔と局所麻酔を併用して、痛みを感じず、寝ている間に施術が完了します。

5.アフターケア

術後、定期的に診察があります。

料金

乳房 料金表(税別)

※基本セット料金 (初診料・血液検査・麻酔・内服薬・外用薬・術後経過・消毒・抜糸・経過診察・アフターケアー)¥100,000(税別)

豊胸
インプラント豊胸 片側¥600,000、両側¥900,000
コンデンスリッチ脂肪注入豊胸 片側¥600,000、両側¥1,000,000
キャンペーン割引、セレクティブモニター割引あり。
豊胸バッグ除去
他院豊胸バッグ除去 片側¥60,000、両側¥100,000
豊胸バッグ除去+同時脂肪注入 片側¥750,000、両側¥1,150,000
乳房挙上(垂れた乳房の修正)
乳房挙上術 片側¥350,000、両側¥650,000
キャンペーン割引、セレクティブモニター割引あり。
乳房縮小(大きすぎる乳房を小さくする)
乳房縮小術 片側¥450,000、両側¥850,000
副乳
副乳切除術 ¥100,000
女性化乳房
女性化乳房除去 片側¥300,000
セレクティブモニター割引価格あり。

症例写真

症例 1

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニターの対象治療です。