お尻のたるみ解消の余剰皮膚切除術は沖縄・宜野湾市の新垣形成外科

余剰皮膚切除術

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

診療記録等の開示を申請する方へ

余剰皮膚切除術

このような症状のかたへ

  • お尻のたるみが気になる
  • 若々しく美しい体型になりたい
  • きずあとを下着で隠したい
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

お尻のたるみ

年齢にともなう皮膚のたるみや、体型の変化により、皮膚のたるみがでることがあります。
若いころのつんとつり上がった丸いかたちから、垂れ下がった台形のかたちになると、服を着ていても後ろ姿からやはり年齢を感じさせてしまいます。

ボディーラインの出る服を着ておしゃれを楽しめないのは悲しいことです。

 

このような体型を元に戻す「ボディーコンツール サージェリー」という治療の専門分野があります。

 

 

余剰皮膚切除

手術は、静脈麻酔と局所麻酔を併用して、痛みを感じずに寝ている間に終了します。

 

皮膚のたるみを切除し、きずあとは目立たないように、下着に隠れるライン(パンティーの上のラインか、太ももとお尻の境界のライン)で縫合します。


たるみの除去とあわせて、美しいお尻のボディーコンツールも希望される場合には、CTで皮下脂肪のつき具合を確認して、同時に施術も可能です。
ひきしまったお尻をご希望の場合には脂肪吸引を、大きく女性的なお尻をご希望の場合には、他部位(おなかや太ももなど)からの脂肪注入(脂肪吸引で脂肪をとり、お尻へ移植)をおこなうこともできます。

 

術後、1ヶ月ほどのむくみや内出血があるため、当院では回復を早めるために、術後のインディバ治療をご案内しています。

       インディバによる術後ケアに関する詳しいご説明は、こちらをご覧ください。

 

シャワー浴は、手術翌日より可能です。1週間後に抜糸をおこないます。
きずあとを目立たなくさせるためのテープ保護は2,3ヶ月間必要です。
施術翌日より、お尻のつりあげ効果は実感できますが、1ヶ月ほどでむくみが治まると、美しいボディーコンツールがよりはっきりしていきます。

 

 

施術の概要

施術の概要

施術時間 約2〜3時間
メイク 手術当日から可能
麻酔 局所麻酔と静脈麻酔併用
(痛みを感じずに寝ている間に施術が終了します。)
洗顔 手術当日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度だが、ある程度強い痛み
シャワー 3日目より可能(創部が濡れなければ当日から可能)
カウンセリング当日の治療 不可
デスクワーク 3〜5日ほどの休み
沖縄短期旅行中の施術 基本的に不可(術後通院可能ならば応相談)
運動制限 軽い運動は約1ヶ月から可能。
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師の診察があります。
部位によっては術後の圧迫下着を発注します。

3.施術日決定

患者様とご相談しながら施術日をお電話で調整します。

4.麻酔・施術

静脈麻酔と局所麻酔を併用して、痛みを感じず、寝ている間に施術が完了します。

5.アフターケア

術後、定期的に診察があります。

料金

殿部の治療 料金表(税別)

※基本セット料金 (初診料・血液検査・麻酔・内服薬・外用薬・術後経過・消毒・抜糸・経過診察・アフターケアー)¥100,000(税別)

脂肪吸引
脂肪吸引(殿部) ¥150,000
脂肪吸引(腰部) ¥150,000
おしりのたるみ取り
余剰皮膚切除術 ¥900,000~

症例写真

症例 1

準備中