埋没法で切らずに二重まぶたに!沖縄・宜野湾市の新垣形成外科

埋没法

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

診療記録等の開示を申請する方へ

埋没法

このような症状のかたへ

  • パッチリした目にしたい
  • メスで切らずに二重まぶたにしたい
  • 初めて重瞼術を受けるので術後のイメージがわきにくい
  • 術後のイメージを確認してやり直しが可能なほうがよい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真
  • 動画

特徴

あなたにふさわしい美しい目元

切開する事無く、糸をかけて二重を作る術式を埋没式重瞼術(埋没法)と言います。

埋没法は、まぶたへの負担が少なくて安全な方法です。手術は局所麻酔で15分程度と短く、翌日からは洗顔やお化粧など普通の生活を送ることができます。切開法に比べて、術後の腫れが少なく抜糸の手間も要りません。そのかわり効果は永続的ではなく3年から5年で消失します。

当院では一番シンプルな1点法(平賀法)を採用しています。まぶたの中央に糸を1本だけかけて二重を作る術式です。従来の1点法に比べて、糸をかける幅を広くして外れにくい工夫がしてあります。2点法や3点法のように複雑な術式だと、それだけまぶたの負担が大きくなり機能を損なう危険性が高くなります。


埋没法が向く人、向かない人

埋没法は若い人に向いています。また、やり直しがきくので、初めて重瞼術を受ける方や、効果に多少不安を抱いている方に、お薦めします。皮膚の切除が必要な方(高齢者、顔面神経麻痺の有る方)、まぶたの脂肪を取りたい方、眼瞼下垂症の方は切開法が向いています。

 

二重のデザイン

糸をかける位置を上下する事で二重の幅を調節します。かける位置を横にずらす事で平行型や末広型など、二重の形を変える事が可能です。治療の前に座位で、予めシュミレーションを行い、好みの二重のラインを決めます。それに合わせて手術を行います。

 

術後の腫れ

まぶたに麻酔を打つので多少腫れます。この場合の腫れは2~3日で引きます。大きな腫れは、針がまぶたの毛細血管を突いて内出血を起こす事により生じます。この場合は、腫れがとれるのに10日ほどかかるばあいがあります。万が一腫れを生じた場合でも、腫れを早く引かせる方法として、漢方薬やインディバのマッサージなどを用意しています。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約15~30分
メイク 手術翌日から可能
麻酔 局所麻酔
洗顔 手術翌日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度の弱い痛み
シャワー 翌日より可能(創部が濡れなければ当日から可能)
カウンセリング当日の治療 可能
デスクワーク 当日から可能
沖縄短期旅行中の施術 基本的に不可(術後通院可能ならば応相談)
運動制限 1週間後から可能
術後の通院 術後1週間後に診察があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

希望される二重まぶたのイメージなどを医師と相談します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

局所麻酔のお注射をした後、施術を行います。
施術は30分弱で終わります。

4.術後の診察

術後1週間後に医師の診察があります。

料金

重瞼 埋没法料金表(税別)

片側 ¥60,000
両側 ¥100,000

症例写真

症例 1

症例 2

症例 3

症例 4

動画