専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

埋没挙上術

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

埋没挙上術

このような症状のかたへ

  • まぶたが開きにくく視野が狭くなってきた
  • まぶたの皮膚のたるみは少ないが、開く幅が細い
  • バッチリした目にしたい
  • メスで切らずにまぶたをあげたい
  • 上まぶたのくぼみがある
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真
  • 動画

特徴

眼瞼下垂とは

まぶたを十分に挙げられずに、視野が狭くなる状態を眼瞼下垂症と言います。

一口に眼瞼下垂症と言っても、老化で皮膚が垂れ下がっているものから、生まれつき挙筋(まぶたを引き上げる筋肉)機能が失われているものまでいろいろな原因があります。

それによって手術の方法も異なります。

埋没挙上術とは

皮膚を切らずに眼瞼下垂を治す方法は、簡素化されて埋没挙上法と呼ばれることもありますが、正式名称は「経結膜的挙筋腱膜タッキング術」と言います。


これは、まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉を、埋没糸(体内に留置して抜糸しない糸)で、たくし上げるように短縮させることで、まぶたを上がりやすくする方法です。

局所麻酔で、両側で30分ほどの施術です。
まぶたの裏側(結膜側)から糸をかけ、眼瞼挙筋と平行に、瞼板という丈夫な支持組織を経由し、二重まぶたのラインまで、しっかり挙上できるようにして糸を短縮します。これにより、眼瞼挙筋とそれに続く挙筋腱膜(筋肉と瞼板をつなぐ膜)がたくし込まれて、まぶたのラインが持ち上がります。

皮膚を切らないため、腫れが非常に少ないことが特徴の方法です。

                   

この施術に適している条件

まぶたの皮膚のあまりが少なく、眼瞼挙筋の挙上する力に問題がないにもかかわらず、挙筋腱膜が薄く伸びて眼瞼下垂になるタイプ(腱膜性眼瞼下垂)に対して、この方法は非常に効果的です。


比較的若い方で、目が細く、瞳孔(黒目の中央にある光の通り道)が隠れるような方や、コンタクトレンズの着用などによる片目の眼瞼下垂の方は、上記のタイプに含まれる場合がよくあります。

また、眼瞼下垂にともなってまぶたの上がへこんでしまう「くぼみ目」の方も、この治療法でくぼみ目が良くなることがあります。眼瞼下垂により腱膜のゆるみが生じ、奥に引っ込んでしまうことによりくぼみ目が生じている場合には、脂肪の注入などでくぼみ目を埋めるよりも、眼瞼下垂を改善した方が自然な状態に戻ります。

       

この方法のもう一つの利点は、施術の結果が自分のイメージと違っていて気に入らない場合にはすぐに抜糸をして元に戻すことができることです。
特に、片側の眼瞼下垂では、眼瞼下垂側のまぶたが落ちているために、健側のまぶたが正常な状態よりも余分に上がっていることがあります(この現象を「代償」と呼びます)。眼瞼下垂側のまぶたが治療により上がると、反対側のまぶたの代償が解除され、正常な状態に戻る、すなわち術前よりまぶたが落ちます(これを「ヘリング現象」と呼びます)。その状態で不便を感じる、もしくはさらに両側の挙上を希望される場合には、挙筋前転法など、ほかの治療法を検討する必要があります。このような場合にも、埋没挙上法により、やり直しのきく状態で確認することができます。

適している条件

● 皮膚のあまりがない腱膜性眼瞼下垂
● 眼瞼下垂により生じているくぼみ目
● 眼瞼下垂症の治療をした後の状態を簡易に確認したい方

いっぽうで、この方法では皮膚を切らないため、皮膚のあまりが多い方には向いていません。二重まぶたや上まつ毛にまで上まぶたの皮膚がかぶさっている場合には、この施術をおこなうと筋肉が持ち上がった分、相対的に余計に皮膚がかぶさり、眼瞼下垂の改善が得られないばかりではなく、二重まぶたが隠れてかえって重ったるい見た目になってしまいます。

また、この方法は基本的には病的に伸びた挙筋腱膜を短縮し、正常な解剖構造に戻すことを目的としています。二重のまぶたの幅やかたちを思い通りに設定するような微妙な調整は困難です。したがって、二重まぶたを作ることを主な目的としている方は、別個に、または追加で重瞼術を検討する必要があります。

適さない条件

● 皮膚のあまりが多い眼瞼下垂
● 二重まぶたを作ることが主な目的の方

施術の経過

施術後、23日ほどは、筋肉のたくしこみによりまぶたの裏側(結膜側)に凹凸が出るため、軽いものもらいのようなゴロゴロ感が出ますが、自然に落ちついていきます。
この期間は目の違和感を抑えるために点眼薬で症状をやわらげ、目を強くこすらないように注意が必要です。

両側の施術の場合は、微妙な腫れの違いや、筋肉の収縮の低下により、若干の左右差が出ることがありますが、1ヶ月ほどで安定してきます。

埋没する糸は、血管を縫合する際にも用いる、体内に留置しても安全な糸です。術後しばらくは、この埋没糸の力で筋肉を短縮している状態ですが、そのうち筋肉自体が短縮した長さで安定するので、長期経過後に万が一、埋没糸が切れても、急激に眼瞼下垂になることはありません。

術後の腫れや内出血は、挙筋前転術や眉毛下切除等と比較して非常に少なく、一般的にはお仕事や学校を休まずに治療を受けることができます。

   

治療の選択について

「切らない眼瞼下垂症手術」は、痛みや腫れが非常に少なく、健康保険でおこなえる非常に魅力的な方法です。しかしながら、皮膚を切らずに施術をおこなうので、まぶたの解剖構造を熟知し、手技に習得した専門医が治療をおこなうことが大切です。

また、最も重要なことは、まぶたの状態に応じてこの治療の向いている方と向いていない方がいるということです。この判断は非常に重要ですので、医師の詳細な診察が不可欠です。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約30分時間
メイク 手術当日から可能
麻酔 局所麻酔
洗顔 手術当日から可能
術後の痛み まぶたがゴロゴロする程度の非常に弱い痛み
シャワー 手術当日から可能
カウンセリング当日の治療 原則として不可
デスクワーク 当日から可能
沖縄短期旅行中の施術 術後、再診可能ならば応相談
運動制限 1週間後から可能
術後の通院 術後に経過観察のための診察があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

眼瞼下垂の程度や原因などを医師が診察します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

局所麻酔のお注射をした後、施術を行います。
施術は30分ほどで終わります。

4.術後の診察

術後1週間後に医師の診察があります。

料金

眼瞼下垂 料金表(税別)

挙筋短縮術 保険適応
余剰皮膚切除術 保険適応
眉毛下切除術 保険適応
埋没挙上術 保険適応
筋膜移植術 保険適応

症例写真

症例 1

症例 2

症例 3

症例 4

動画

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニターは只今準備中です。