二重まぶたの切開法は沖縄・宜野湾市の新垣形成外科

切開法

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

診療記録等の開示を申請する方へ

切開法

このような症状のかたへ

  • パッチリした目にしたい
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 二重まぶたの幅やかたちを自由に調節したい
  • まぶたのはれぼったさくぼみも同時に修正したい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真
  • 動画

特徴

美しい二重を目指す方に「切開法」

切開法は、二重の効果を永久的にしたい場合や、余剰の皮膚を取る場合、あるいは まぶたの脂肪を取りたいときなどに行います。比較的高齢の方に向いている手術です。切開法は、メスを使って皮膚を切るため、創縫合をします。従って、抜糸まで通院が必要です。また、術後の腫れも埋没法に比べて大きく期間も長くなります。当院では、原則として全切開法を行います。幅の調整や形、腫れぼったい目の矯正や、落ちくぼんだ目の修正など、あらゆる目の症状に対処が可能です。埋没法に比べ、くっきりとした二重になります。目をくっきりと大きく見せたい方に適した手術です。部分切開法に関しては、私の経験では効果の永続性に疑問が有り、より侵襲の少ない埋没法の方が良いと考えています。


施術の概要

施術の概要

施術時間 約1時間
メイク 目の周囲は抜糸後から可能
麻酔 局所麻酔
洗顔 手術翌日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度の弱い痛み
シャワー 翌日より可能(創部が濡れなければ当日から可能)
カウンセリング当日の治療 可能
デスクワーク 翌日から可能
沖縄短期旅行中の施術 基本的に不可(術後通院可能ならば応相談)
運動制限 1週間後から可能
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

希望される二重まぶたのイメージなどを医師と相談します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

局所麻酔のお注射をした後、施術を行います。
施術は1時間弱で終わります。

4.術後の診察

術後翌日に医師の診察があります。
術後1週間で抜糸をおこないます。

料金

重瞼 切開法料金表(税別)

片側 ¥100,000
両側 ¥200,000

症例写真

症例 1

症例 2

症例 3

動画