お腹は切らない脂肪吸引で理想の美しいボディーラインに!沖縄・宜野湾市の新垣形成外科

脂肪吸引

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

脂肪吸引

このような症状のかたへ

  • 手でつまめる脂肪がついている
  • 運動しても希望の場所がなかなか痩せない
  • リバウンドせずに確実に部分痩せしたい
  • 体型がくずれてきたのが気になる
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 誰にもキズあとが分からないようにしたい
  • 特徴
  • 対象部位
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真
  • キャンペーン・モニター

特徴

理想のボディーコンツールを

脂肪吸引は、皮下脂肪の除去により、部分痩せや美しいボディーラインをつくるのに有効です。
皮下脂肪は、筋肉と皮膚のあいだに蓄積していきます。
内臓脂肪は運動により効率良く燃焼されますが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて、なかなか運動や食事で減らすことが難しく、また、リバウンドしやすいことが知られています。
脂肪吸引は、数mmの小さな穴(カニューレ孔)から、筋肉、神経、血管などの重要な組織を傷つけずに、皮下脂肪だけを取り除く施術です。
カニューレ孔は非常に小さく、目立たない部位から吸引するので、手術をおこなったことがキズあとから他の人に分かることはありません。

ボディーコンツールの専門医師がアドバイス

ボディー形成のスペシャリストが、あなたの理想の体型イメージをお聞きし、効果的な施術方法、部位をアドバイスします。

CT等の検査で緻密な治療計画を立てます

当院では、施術の前にCT検査、体組成検査、血液検査、脂肪厚検査(ピンチ・テスト)をおこないます。
皮下脂肪のつきかたや筋肉の量など、体型はひとりひとり違っています。
その方にあったベストの施術方法を決定するために、これらの検査結果から緻密な治療計画をたてていきます。
皮下脂肪が薄く、内臓脂肪型の肥満の方には、脂肪吸引だけではよい効果が得られません。
そのような場合には、食事療法や運動療法を併用する必要があります。また、出産後におなかの膨らみが残ってしまった場合や、おなかの手術を受けたことがある場合には、単純な肥満ではなく、おなかの筋肉が離れていることにより肥満のように見えてしまうことがあります。
このような場合、脂肪吸引ではなく、正常な状態に修復する手術治療が必要になります。
魅力あるメリハリボディーにするために、CT検査での手術シミュレーションはとても重要です。

施術の安全性を最重要視しています

脂肪吸引の目的はスリムで魅力的なボディーコンツールを作ることです。そのために健康を犠牲にしたり、からだを危険にさらすことは、あってはならないことだと当院では考えています。
コントロールされていない重篤な既往症をお持ちの方や、BMI30以上の高度の内臓脂肪型肥満の方などには施術をお断りする場合があります。
健康状態を確認するために術前に問診や検査をおこない、施術の安全性を確保しています。

脂肪吸引で取れた脂肪で、同時に豊胸や顔のシワ治療も可能

気になる脂肪を除去する脂肪吸引ですが、乳房へ注入して豊胸をおこなったり、法令線などのシワに注入してアンチエイジング治療をおこなうこともできます。
脂肪細胞は注入部位に移植し、定着すれば、その後は半永久的にボリュームを維持してくれます。
自分の細胞ですから、シリコンインプラントによる豊胸や、ヒアルロン酸を用いたアンチエイジングよりも長い効果持続と、からだに馴染む安全性が魅力です。

対象部位

施術の対象部位

ほほ・あご・二の腕・上腹部・側腹部・下腹部・太腿・背中・ウエスト・臀部(お尻)・ふくらはぎ以外の部位で気になる部位がある場合は、診察時に医師にご相談ください。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約1~2時間(範囲によって異なります)
メイク 手術当日から可能
麻酔 局所麻酔と静脈麻酔併用
(痛みを感じずに寝ている間に施術が終了します。)
洗顔 手術当日から可能
術後の痛み 筋肉痛のような痛みが数日あります。痛み止めを処方いたします。
シャワー 3日目より可能(創部が濡れなければ当日から可能)
カウンセリング当日の治療 不可
デスクワーク 翌日から可能
沖縄短期旅行中の施術 基本的に不可(術後通院可能ならば応相談)
運動制限 軽い運動は1、2週間後から可能。激しい運動は約1ヶ月から可能。
術後の通院 術後翌日に診察があります。その後、腫れや痛みを抑えるために深部温熱療法での数日おきの通院をお勧めしています。

  • 1 術後の痛みについて
  • 脂肪吸引では、切り傷のような鋭い痛みはありませんが、施術を受けたほとんどの方は筋肉痛のような鈍痛を感じます。この鈍痛は、施術後2、3日までが一番強く、その後、1週間ほどで治ります。
    当院では、この鈍痛や腫れを早く抑えるために、脂肪吸引後、3回の深部温熱療法を無料でおこなっています。

  • 2 脂肪吸引による体重減少効果について
  • 脂肪は水より比重が軽いので、かなりの量の脂肪吸引をしても、体重の減少は思ったほど多くありません。
    3リットル、つまり1リットルのペットボトル3本分の脂肪が体から減れば、ボディーコンツールは劇的に変化しますが、体重減少は3kg足らずです。
    しかし、減りにくい皮下脂肪を直接的に減らせることや、スタイルがよくなることでダイエットのモチベーションがあがって体型を維持できること、脂肪細胞の数を減らしてリバウンドしないようにすることなどは、脂肪吸引の大きな利点です。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師と施術部位を相談します。
CT検査、体組織検査、血液検査等の術前検査があります。

3.施術日決定

検査結果を医師が確認したのち、患者様とご相談しながら施術日をお電話で調整します。

4.デザイン

施術日当日に術前デザインのためにペンで施術部位に印をつけます。

5.麻酔・施術

静脈麻酔と局所麻酔を併用して、痛みを感じず、寝ている間に施術が完了します。

6.アフターケア

術後、腫れや痛みを早く抑えるために、深部温熱療法のサービスがあります。
ボディーラインが完全にきれいになるのに数ヶ月かかりますので、定期的に医師による診察があります。

料金

脂肪吸引料金表(税別)

脂肪吸引(上腹部) ¥150,000
脂肪吸引(下腹部) ¥150,000
脂肪吸引(上下腹部) ¥250,000
脂肪吸引(両側腹部) ¥150,000
脂肪吸引(腹部全体上下・側部) ¥380,000
基本セット料金
(初診料・血液検査・麻酔・内服薬・外用薬・術後経過・消毒・抜糸・経過診察・アフターケアー)
¥100,000(税別)

症例写真

乳房への脂肪注入

乳房への脂肪吸引です。

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニターは只今準備中です。