専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

タミータック

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

タミータック

ミニタミータック

腹壁形成術とは

腹壁形成術(タミータック)は、「おなかのたるみ」に対する治療法です。
おなかの余分な皮膚と皮下脂肪を切除し、へそ下の垂れ下がった脂肪や帝王切開の傷あと、妊娠線などを取り除きます。 海外ではボディリフトと呼ばれることもあり、ボディラインを整えて体型を若返らせる非常に効果的な手術です。

おなかの状態によって治療法を選択します

当院では、治療法をご相談する際に、必ず、詳細なおなかの診察と検査をおこないます。
「おなかがたるんでいる」「腹部をひきしめたい」というご希望に、しっかりお答えするために、表面からの観察だけではなく、医学的に緻密な分析が必要です。
その理由は、外から見ただけでは同じように見えたとしても、患者様おひとりおひとりで、腹直筋(おなかの筋肉)の状態、皮下脂肪の厚み、皮膚の硬さ、皮膚のあまりの程度が異なるからです。 ですから、手術前に、CT検査や体組織計検査、ピンチテスト、ヘルニア検査等をおこない、治療を受けられる患者様に最適な手術方法をオーダーメイドしています。 体の状態によっては、腹壁形成術以外の治療法、例えば脂肪吸引やヘルニア修復術、非手術的治療(インディバやメソセラピー、ダイエット点滴など)、減量療法、栄養療法、断食療法などをおすすめする場合もございます。

ドクターアドバイス

治療法に悩まれている方は、ボディーのカウンセリングをお申込みください。 脂肪吸引をご希望で受診される患者様でも、腹壁形成術のほうが適した治療法である場合や、その逆の場合などもよくあります。
おなか周りのウエストサイズは測れても、筋肉の状態、皮下脂肪の厚さなどは意外とご自分では分かりにくいものです。 ボディーコンツールの専門医が、体型改善のための最適の方法をご提案いたします。

手術デザインは、ひとりひとりにオーダーメイド

腹壁形成術と一言で言っても皮下脂肪の除去量、皮膚の切除範囲などにはさまざまなバリエーションがあります切除範囲を縮小したミニタミータック、側腹部まで広げた拡大タミータックや、上腹部のたるみの皮膚を乳房の底上げに使用して豊胸効果も狙うリバースタミータックなど、それぞれに得られる効果や術後の安静度などが異なります。これらの手術デザインの違いによって、場合によってはおヘソの位置の修正が必要になることがあります。その際には、おヘソの周りの皮膚をぐるっと一周くり抜いて移動させる方法が一般的です。

ただし、もともとのおヘソの形の修正をご希望される場合には、臍形成術(新規によいかたちのおヘソを作る方法)を選ぶこともあります。 メリハリをつけるために、腹壁形成術で下腹部のたるみを取るだけではなく、上腹部や側腹部に脂肪吸引を追加でおこなうこともあります。

また、吸引した脂肪を女性の場合は乳房や殿部に注入したり、男性の場合は筋肉膨隆部に合わせて注入することにより、さらに魅力ある美しい体型を目指すことも可能です。
手術の縫合部位は下着で隠れる位置にするのが原則ですが、傷の範囲を小さくしたい、水着を着たいなどの個別のご希望に応じて、皮膚切除のデザインを調整して、ビキニラインに隠れるようにします。
理想とするキレイな体型を実現するために、徹底的に考え抜かれた、治療を受ける患者様だけにオーダーメイドされた手術デザインをご提供いたします。

術後の経過や注意点

術後の安静期間や注意事項は、腹直筋の状態や切除する皮膚の範囲などによっても異なりますが、ここでは標準的な術後の経過をご説明します。
手術後、腹部の保護のために、医療用の圧迫下着を着用します。
術後の出血を予防するために、3日間は厳密な圧迫を継続していただき、シャワー時も創部を避けていただきます。その後はシャワーで創部も洗い流すことができるようになります。
その後も、圧迫下着の着用は2、3ヶ月ほど継続していただきます。
抜糸は、術後1週間ほどでおこないます。抜糸までは、日常生活で腹圧のかかる行為(重いものを持つ、急にかがむ、急な階段を登る、など)を避けていただく必要があります。
運動制限を解除してスポーツができるようになるのは、13ヶ月ほどかかります。
手術直後は内出血や腫れなどがありますが、術後1ヶ月ほどでじょじょにおさまっていきます。
また、数ヶ月の経過で傷あともじょじょに白く目立たないものとなり、手術した部位の感覚も戻ってきます。