コンデンスリッチ脂肪注入で男らしい胸板へ。沖縄・宜野湾市の新垣形成外科

コンデンスリッチ脂肪注入

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

診療記録等の開示を申請する方へ

コンデンスリッチ脂肪注入

このような方へ

  • 男性らしいたくましい体格になりたい
  • たくましい胸のかたちにしたい
  • 厚い胸板がほしい
  • 贅肉をリバウンドすることなくスリムにしたい
  • 誰にもキズあとが分からないようにしたい
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

男性的なたくましい体型に

厚い胸板の大胸筋、6つに割れた腹直筋、大きな力こぶの上腕二頭筋。

逆三角形のひきしまった体型、発達した筋肉のボディーシェープは、男性の憧れの体型です。女性への魅力も抜群で、男性としての自信もぐっと高まる理想のボディーです。

 

しかし、筋肉の厚みや大きさは十分にあっても、それを覆いかくす皮下脂肪の量が多いと、外見からたくましい筋肉のシェープはあらわれません。

 

例えば、一般的に、割れた腹筋が表面からうっすら分かるためには、腹直筋の厚みが2cm以上あり、皮下脂肪の厚みが1cm以下であることが条件だとされています。
腹直筋は体幹を支える大きな筋肉ですから、特に激しいトレーニングをしていなくても、通常の生活スタイルの男性であれば、ほとんどの方は「2cm以上の腹直筋」という条件はクリアしています。
問題は、「1cm以下の皮下脂肪」です。ダイエットやエクササイズで、これを実現しようとすると、かなりストイックに厳密におこなって、スポーツ選手のような生活を続けなければいけません。

 

この、長い時間と労力をかけた皮下脂肪の減量を、たった1回の施術で、速効で獲得するための治療が、「ボディーコンツール サージャリー」という専門分野です。

 

 

デザインされた脂肪吸引で、たくましく、リバウンドのないボディーシェープづくり

ただ単純に脂肪吸引するのではなく、メリハリをつけた脂肪吸引をおこなう技術を、「ボディー スカルプティング(body sculpting)」といいます。

 

たとえば、解剖学的に筋肉がない部分、あるいは筋肉と筋肉の境界や隙間の部分は、しっかり皮下脂肪を吸引して、本来あるべきくぼみを際立たせます。


いっぽう、腹直筋や大胸筋などの大きな筋肉は、じゃっかん皮下脂肪の厚みがあったほうが、外見からはたくましく発達した筋肉に見えます。

 

このような技術を駆使して、彫刻でかたちを削り出すように、筋肉を際ただせるたくましいボディーをつくりだします。

 

ダイエットやエクササイズでは脂肪細胞の数は減らずに、脂肪細胞1個あたりの大きさが減ります。もっと具体的に言うと、脂肪細胞に含まれる中性脂肪という成分のボリュームが減ることになり、脂肪細胞自体は小さくなるだけでしっかり生き残っています。これが、食事内容を元に戻したり、運動をやめるとリバウンドしてしまう原因です。

 

脂肪吸引で除去した部分は、脂肪細胞自体を直接的に減らすことができます。そのため、リバウンドなく、目的のかたちに容易に調整することができます。

 

たくましいお腹のかたち

かっこよくひきしまったお腹を作るために、横腹の部分は、筋肉の走行を計算してしっかり脂肪吸引をおこないます。

 

また、なんと言っても6つに割れた腹直筋、いわゆる6 packは憧れの体型です。
腹直筋には、もともと、腱画とよばれる横方向のくびれと、白線とよばれる縦方向のくびれがあります。筋肉部分のうえにある脂肪吸引は控えめにし、割れた腹直筋をつくるこれらのくびれ部分の皮下脂肪はしっかり吸引することにより、望み通りの6 packが実現します。

 

さらに、より割れ目を際立たせたいかた、腹直筋の厚みがあまりないかたには、脂肪吸引した脂肪を濃縮し、定着率を高めたCRF(濃縮脂肪細胞)として移植することにより、鍛え上げたたくましい腹部の外見を作ることができます。
 
    コンデンスリッチ脂肪注入の詳しいご説明は、こちらをご覧下さい。

 

たくましい胸のかたち

厚い胸板をつくる事も可能です。逆三角形のたくましさを表現するために、大胸筋の外側の皮下脂肪は、筋肉のかたちを浮きだたせるような計算されたカーブで脂肪吸引します。


この吸引された脂肪を濃縮し、定着率を高めたCRF(濃縮脂肪細胞)として大胸筋の上の部分に移植し、さらに胸板を厚くします。

たくましい腕のかたち

二の腕のたくましさは、やはり上腕二頭筋の力こぶに象徴されます。
この部分に、力こぶを再現するような自然なカーブで、CRF(濃縮脂肪細胞)を移植することもできます。

 

この場合には、おなかまわりなどから脂肪を採取する必要がありますので、通常は、他の部位のボディーコンツール サージェリーとあわせておこなうことが多い施術です。

 

施術の概要

施術の概要

施術時間 約2〜3時間
メイク 手術当日から可能
麻酔 局所麻酔と静脈麻酔併用
(痛みを感じずに寝ている間に施術が終了します。)
洗顔 手術当日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度だが、ある程度強い痛み
シャワー 3日目より可能(創部が濡れなければ当日から可能)
カウンセリング当日の治療 不可
デスクワーク 翌日から可能
沖縄短期旅行中の施術 基本的に不可(術後通院可能ならば応相談)
運動制限 軽い運動は1、2週間後から可能。激しい運動は約1ヶ月から可能。
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師と希望する体型、施術の方法などを相談します。
医師の診察と、サイズ測定等があります。

3.麻酔・施術

静脈麻酔と局所麻酔を併用して、痛みを感じず、寝ている間に施術が完了します。

4.アフターケア

術後、定期的に診察があります。

料金

胸部の治療 料金表(税別)

漏斗胸
バキュームベル 装具費用は実費となります。
手術治療 保険適応(関連病院へのご案内となります。)
男性の豊胸
インプラント豊胸 片側¥500,000/両側¥800,000
コンデンスリッチ脂肪注入豊胸 片側500,000/両側¥900,000
キャンペーン・モニター割引あり。
たくましい胸の形成
  
コンデンスリッチ脂肪注入 ¥1,100,000
キャンペーン・モニター割引あり。

症例写真

症例 1

準備中

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニターは只今準備中です。