専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

鼻翼縮小術

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

鼻翼縮小術

このような方へ

  • 鼻の穴を小さくしたい
  • 鼻を小さくしたい
  • 鼻の穴が目立つのが気になる
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

鼻翼縮小術による治療

鼻の横の部分が張って広がったような鼻に見える、鼻の穴が横に広い、横幅の狭いかわいらしい鼻にしたい・・・このような場合に有効な治療法が、鼻翼縮小術です。


鼻翼とは、鼻の外側部分のことで、前から見ると三角形の下のふたつの角にあたります。
この部分を狭く修正すると、女性らしい、小さな小鼻の印象になります。

 

 

 

手術の内容

手術は、静脈麻酔と局所麻酔を併用して、痛みを感じずに寝ている間に終了します。

 

鼻翼縮小術には、大きく分類すると、鼻翼部の内側を狭くする内側法と、外側の組織を切除する外側法があります。内側法が一般的ですが、ひとりひとりの鼻のかたちに最も適切な手術デザインを選択します。

 

腫れや内出血も少なく、きずあともほとんど分からないくらいに目立ちません。術後しばらく赤みはありますが、メイクで隠せる程度です。

 

 

専門医だからできる調和のとれた美しさ

鼻のかたちは、鼻骨、軟骨、脂肪や皮膚(これらを軟部組織と呼びます)のすべてが関与して決定されています。だからこそ、ひとりひとり、鼻の高さ、幅、鼻の穴の向き、大きさなど、千差万別なのです。


さらに、「この鼻が最も美しい」という、決まったかたちがあるわけでもありません。あくまで、顔全体とのバランス、自然に調和のとれた鼻が、美しいのです。

 

当院での鼻の形成術は、顔面のスペシャリストである専門医が担当しています。
美容だけでなく、鼻の外傷や先天異常でも培った膨大な解剖学的知識と、バランスの取れた鼻を作る美的センス、そしてそれを実現する熟練した手術技術をあわせもつ専門医だからこそできるクラフトマンシップが、鼻の治療では最も重要なのです。

 

 

 

術後の経過とアフターケア

施術当日は、創部を濡らさないように保護します。
施術翌日から創部も含めて、洗顔やシャワー浴も可能になります。

 

鼻の内側の糸は自然にとける吸収糸を使用しますので、抜糸はありません。
鼻の外側を縫合する場合には、術後1週間で抜糸します。

 

術後しばらくは、鼻に圧迫が加わらないように注意が必要です。

 

 

 

施術の概要

施術の概要

施術時間 約30分〜1時間
メイク 手術翌日から可能
麻酔 局所麻酔
洗顔 手術翌日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度の弱い痛み
シャワー 手術翌日から可能
カウンセリング当日の治療 不可
デスクワーク 手術翌日から可能
沖縄短期旅行中の施術 基本的に不可(術後通院可能ならば応相談)
運動制限 軽い運動は1週間後から可能
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師が診察します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

局所麻酔のお注射をした後、施術を行います。
施術は約30分から1時間ほどで終わります。

4.術後の診察

術後翌日に創部の確認をおこないます。
1週間後に抜糸があります。

料金

鼻形成治療 料金表(税別)

隆鼻術
軟骨移植術 ¥500,000
フィラー注射(ヒアルロン酸) ¥95,000
フィラー注射(レディエッセ) ¥150,000
鼻の穴を小さくする
鼻翼縮小術 ¥300,000
だんご鼻の治療
鼻尖形成術 ¥300,000
鼻を長くする、鼻の穴を隠す
鼻柱延長術 ¥500,000
わし鼻治療
鼻柱形成術 ¥500,000
鼻の曲がりを治す
斜鼻形成術 保険適応(他院案内)

症例写真

症例 1

準備中

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニター

キャンペーン・モニターは只今準備中です。