専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

陥没乳頭形成術

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

陥没乳頭形成術

このような方へ

  • つねに乳頭が沈み込んでいる
  • 乳頭を引っぱっても引きでてこない
  • 出産後に痛みがでたことがある
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真
  • キャンペーン・モニター

特徴

陥没乳頭の原因

陥没乳頭とは、隆起しているはずの乳首が、内側に入りこんでしまっている状態のことを言います。
これは、母乳を乳頭に集める通り道である「乳管」という組織が未発達で、乳腺の厚みよりも短いために、乳首を奥に引き込んでしまうことが原因です。つまり、乳腺の成長に乳管の成長が追いつかない場合に陥没乳頭の状態になってしまいます。
このため、一般的に言って、乳房の大きい方に起きやすい疾患です。
現代は食生活の影響もあり、乳房の大きい女性が増えてきています。これに伴って陥没乳頭の女性が増えてきています。

 

陥没乳頭の症状

乳頭が引き込まれていることによる形の症状のほかに、機能的な症状も起こします。

1. 授乳しにくくなります。
乳首が出にくいため、飲ませにくかったり、乳首が短いことで赤ちゃんの吸い付きが悪くなります。重度の陥没乳頭では乳管の通り自体が悪くなり、乳腺で母乳が作られるものの、乳管を通って外に出すことができなくなり、胸が張ることもあります。 場合によっては、乳頭や乳腺の炎症が起きて痛みや熱の原因(うっ滞性乳腺炎)になる恐れがあります。

2. 衛生面のトラブルを起こします
陥没乳頭は垢がたまりやすいため、においや皮膚炎、感染症の原因になることがあります。へこんでいるために、十分にスキンケアがおこなえず、授乳期間であればなおさら、炎症の原因となります。

陥没乳頭の治療

陥没乳頭の治療で注意すべきことは、将来、妊娠・出産をお考えの方は、授乳ができるように乳管の機能をしっかり温存しないといけないということです。そのために、当院では、次のような方針で治療しています。

未成年で乳腺が発達する時期
陰圧で吸引をかけてじょじょに乳管をのばす装具での治療をおすすめしています。自宅でおこなうことができ、吸引の圧力を調節することで痛みもほとんどありません。
乳腺が現在進行形で発達する時期に手術による治療をおこなうと、術後の乳腺のさらなる発達で乳管とのアンバランスが起こり、陥没乳頭が再発する可能性があります。

乳腺の発達が終了した時期
手術での治療をおこないます。乳管を顕微鏡で見ながら傷つけないように丹念に延長し、皮膚の裏側から乳首を押し上げて整えます。さらに、隆起した形を維持して、再度、乳頭が引き込まれないように、乳頭の垂直方向の面積を増大し、落ち込みをブロックするような、乳輪皮膚の組み替え(皮弁形成術)をおこないます。
この、形成外科でおこなう専門的なテクニックにより、単純な切開、縫合のみの治療を受けて再陥没した場合でも、高い確率でしっかり隆起した形にすることができます。
乳頭・乳輪は皮膚と異なり、もともと色素が濃いため、きずあとも目立たずキレイな仕上がりになるのが特徴です。

豊胸と陥没乳頭治療の順番

インプラントを用いた豊胸をおこなうと、乳腺が下から押し上げられるので、軽度の陥没乳頭は自然に治ることがあります。そのため、豊胸と陥没乳頭治療の両方をご希望されるかたには、先に豊胸治療をおこないます。

術後の痛みとアフターケア

乳首は神経が敏感で手術は痛いというイメージをお持ちのかたがいらっしゃいますが、手術は局所麻酔により無痛でおこなえます。術後の痛みも、痛み止めの内服薬で十分に抑えられる程度です。
また、手術後しばらくは乳首の感覚が鈍くなることがありますが、数ヶ月でだんだんに回復してきます。
ほとんどの場合、手術翌日に創部の出血がないかを確認し、問題なければシャワー浴が可能になります。乳頭は石鹸の泡でやさしくなで洗いするようにしてください。
乳首への摩擦や圧迫を避けるため、23ヶ月ほど、医療用のスポンジでの保護が必要です。抜糸した後は、スポンジで保護した状態での、運動、ブラジャー等は可能です。性行為等での乳首への刺激は、3ヶ月間の制限があります。

陥没乳頭は健康保険で治療できます。

陥没乳頭は授乳や衛生面の症状を引き起こすため、50歳未満の手術治療は健康保険が適応されます。50歳以上の方は授乳機能への悪影響の危険性は非常に少ないため、自費診療となります。
陥没乳頭は授乳時期に深刻なトラブルを起こすこともあるため、できれば妊娠前に治療しておくことをお勧めします。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約1時間
麻酔 局所麻酔と静脈麻酔併用
(痛みを感じずに寝ている間に施術が終了します。)
洗顔 制限なし
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度の弱い痛み
シャワー 手術翌日から可能
カウンセリング当日の治療 不可
運動制限 1週間後から軽い運動は可能
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師が診察します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

静脈麻酔と局所麻酔を併用して、痛みを感じず、寝ている間に施術が完了します。
施術は1時間ほどで終わります。

4.術後の診察

術後翌日と1週間後に医師の診察があります。

料金

乳頭乳輪 料金表(税別)

陥没乳頭
 
陥没乳頭形成術(50歳未満) 保険適応
陥没乳頭形成術(50歳以上) 片側¥110,000~、両側¥220,000~
50歳以上のかたのセレクティブモニター割引あり。
乳頭縮小
乳頭縮小術 片側¥95,000~、両側¥180,000~
セレクティブモニター割引あり。
乳輪縮小
乳輪縮小術 片側¥110,000~、両側¥220,000~
セレクティブモニター割引あり。
乳がん術後の乳頭乳輪再建
乳頭乳輪移植 保険適応
乳頭形成術 保険適応
乳輪パラメディカル・タトゥー 片側¥50,000
3D パラメディカル・タトゥー 片側¥50,000
乳頭乳輪の黒ずみ除去
ハイドロキノン ¥2,000
乳輪のぶつぶつ除去
モンゴメリー腺切除術 ¥5,000
セレクティブモニター割引あり。
乳頭乳輪の色を濃くする
パラメディカル・タトゥー 片側¥50,000
セレクティブモニター割引あり。

症例写真

症例 1

準備中

キャンペーン・モニター

50歳以上の方のモニターの対象治療です。