専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

乳輪縮小術

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

診療記録等の開示を申請する方へ

乳輪縮小術

このような方へ

  • 乳輪の直径が大きい
  • 乳輪と乳頭の大きさの比率がアンバランス
  • 将来の授乳に支障がでない治療を希望する
  • 1回の施術でずっと続く効果持続を得たい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

乳輪を小さくする乳輪縮小術

乳輪が大きいことにお悩みの方は、手術により縮小することができます。本来の大きさを小さめにしたい場合にも、授乳後に乳輪が広がってしまった場合にも、同様に治療できます。
希望する乳輪の大きさ、形と、もともとの形(横に広がっているか、左右差があるかなど)により、手術デザインはじゃっかん異なりますが、きずあとは乳輪の中におさまりますので、数ヶ月で目立ちにくくなっていきます。
局所麻酔で短時間で終わる手術です。乳腺や乳管を傷つける治療ではないので、授乳への影響もありません。

 

術後の痛みとアフターケア

乳輪は神経が敏感で手術は痛いというイメージをお持ちのかたがいらっしゃいますが、手術は局所麻酔により無痛でおこなえます。術後の痛みも、痛み止めの内服薬で十分に抑えられる程度です。
ほとんどの場合、手術翌日に創部の出血がないかを確認し、問題なければシャワー浴が可能になりますが、創部は石鹸の泡でやさしくなで洗いするようにしてください。

他の治療と組み合わせることも可能です。

美しい乳房のかたちは、乳輪だけではなく、乳房、乳頭、乳輪のバランスが関係します。
乳輪縮小だけではなく、乳首を小さくする、乳輪のぶつぶつを減らす、色素沈着(乳頭乳輪の黒ずみ)を薄くする、下垂した乳房をピンと張りのあるかたちにする、など、乳房に関するさまざまな治療がありますので、カウンセリング時に希望のイメージを詳しくお聞かせください。
総合的なバランスを重視した乳輪縮小術をご提案しています。お悩みのかたは、お気軽にご相談ください。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約30分1時間
麻酔 局所麻酔
洗顔 制限なし
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度の弱い痛み
シャワー 手術翌日から可能
カウンセリング当日の治療 不可
運動制限 1週間後から軽い運動は可能
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師が診察します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

局所麻酔のお注射をした後、施術を行います。
施術は30分から1時間ほどで終わります。

4.術後の診察

術後翌日と1週間後に医師の診察があります。

料金

乳頭乳輪 料金表(税別)

陥没乳頭
 
陥没乳頭形成術(50歳未満) 保険適応
陥没乳頭形成術(50歳以上) 片側¥110,000~、両側¥220,000~
乳頭縮小
乳頭縮小術 片側¥95,000~、両側¥180,000~
乳輪縮小
乳輪縮小術 片側¥110,000~、両側¥220,000~
乳がん術後の乳頭乳輪再建
乳頭乳輪移植 保険適応
乳頭形成術 保険適応
乳輪パラメディカル・タトゥー 片側¥50,000
3D パラメディカル・タトゥー 片側¥50,000
乳頭乳輪の黒ずみ除去
ハイドロキノン ¥2,000
乳輪のぶつぶつ除去
モンゴメリー腺切除術 ¥5,000~(1個)
乳頭乳輪の色を濃くする
パラメディカル・タトゥー 片側¥50,000

症例写真

症例 1

準備中