新垣形成外科ではアトピー・喘息などの病態の改善や健康増進断食療法を取り入れています

断食療法

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

断食療法

  • 断食療法とは
  • 料金表
  • 断食療法Q&A

断食療法とは

医師の管理のもとに行う断食療法。アトピー・喘息などの自己免疫疾患、癌などの悪性腫瘍、肝炎・糖尿病予備軍・高血圧などの生活習慣病、不妊症など様々な病態の改善目的で行います。健康増進、免疫力向上、抗加齢などの目的で行うことも可能です。

1.断食療法の目的

  • 1.腸管免疫の向上
  • 2.有害ミネラルの排出
  • 3.内臓機能の回復
  • 4.脳機能の向上
  • 5.体脂肪の減少

2.断食療法の期間と方法

基本は6日間です。
(希望によって9~12日間まで延長可能)
プチ断食や半断食、置き換え断食は行っていません。
指導後、自宅で行っていただきます。
断食療法を希望の場合は、必ず血液検査と医師の診察をお受けください。
病態や状態によっては不可、あるいは見合わす、他の治療を優先という場合もあります。

3.断食療法を受けられる方へ

断食療法について知りたい方は、偶数月に開催されている「初めての断食講座」をお受けください。断食療法の理論についてわかりやすく説明しています。
受講後、断食療法を希望する場合は、血液検査と医師の診察を必ずお受けください。病態によっては、断食ができない、断食以外の治療法を優先したほうが良い場合もあります。

断食療法を希望

講座受講(偶数月開催)

血液検査と診察

断食の指導

終了直後の体組織計測

1ヶ月後の血液検査

料金表

初めての断食講座 ¥1500
2月4月6月8月10月第2火曜日19時
申し込み ☎098-870-2990
血液検査と診察 断食療法を受けられる方は、必ず血液検査をお受けください。
栄養解析 血液検査の解析による個別指導。事前食事指導、服薬など有無など、断食療法を行う上での注意点などを説明。¥5400
断食療法6日間コース 診察と血液解析から断食療法が可能な方を対象にします。¥36000(酵素2本+講座)

症例

30代男性(脂肪肝・痛風・糖尿病予備軍)

T-cho 227 H 189
TG 248 H 151 H
AST 88 H 33
ALT 182 H 44
γGTP 208 H 72
UA 7.3 H 6.7
Glu 124 H 101

体組織系計測

断食療法でどのような効果が得られるのですか?

絶食することで様々な体内変化が得られるからです。断食することで腸内細菌叢が整い腸管免疫が改善します。胃腸などの消化器官や肝臓の解毒機能も回復させることができます。飢餓状態によって解糖系から脂質燃焼系のエネルギーシステムに移行し、ダイエット効果も得られます。脳機能が向上し、集中力や記憶力が高まります。

たとえばどのような疾患に良いのでしょう?

腸管免疫を整えることで改善が見込まれるものにアトピー性皮膚炎や喘息などの自己免疫疾患や悪性腫瘍があります。また糖尿病予備軍、高血圧症、脂肪肝、脂質代謝異常などの生活習慣病の改善も期待できます。耐糖能異常による不妊症の方にもお勧めします。

断食は誰でもできますか?

断食自体は誰でも苦無く行うことができます。しかし、希望する病態改善が断食では得られない場合や断食をやってはいけない疾患もあります。当院では、断食療法の説明会を行い、希望する人には事前に血液検査と診察を受けていただき、断食を正しく無理なく行えるように指導いたします。

プチ断食でもいいですか?

断食療法の効果は3日目以降から得られると思ってください。当院では基本的に6日間の断食をお勧めしています。1食置き換えや1日断食では十分な効果は得られません。当院指導のもと断食療法を行った方は1000人以上おりますが、できなかった方は低血糖症のお一人のみです。

断食療法を希望される方へ

断食療法初心者講座 2月 4月 6月 8月 10月の第1火曜日19:00~20:00
受講料¥1500
お申し込み りんごTel 098-897-0112
料金について
断食療法6日間 ¥36000(酵素ドリンク、体組織系検査、カウンセリング、指導料込み)

断食療法の症例

1)脂肪肝・痛風・糖尿病予備軍

30代男性 慢性疲労訴え

血液検査

コレステロール 277H
中性脂肪 248H
AST 88H
ALT 182H
γ-GTP 208H
HbA1 5.8
尿酸値 7.3H

断食後

糖質と飲酒による生活習慣病の方です。断食の前に糖質制限とアルコール制限(泡盛を控える)の指導とサプリメント療法を行い、その後6日間の断食を実践。断食終了1ヶ月後の血液検査ではすべての数値に改善が得られました。食事療法単独よりも断食を行うと短期間で結果が得られることがわかります。

断食前 断食後
コレステロール 277H 189
中性脂肪 248H 151H
AST 88H 33
ALT 182H 34
γ-GTP 208H 72
HbA1 5.8 5.4
尿酸値 7.3H 6.7