専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

瘢痕拘縮形成術

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

診療記録等の開示を申請する方へ

瘢痕拘縮形成術

このような症状のかたへ

  • 腕や足など関節の動きを障害するキズ跡がある
  • 関節の動きでキズがひきつれる痛みがある
  • ケガをしてから半年以上経過している
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

瘢痕拘縮:きずあとによる「ひきつれ」

きずあとは、ケガをした直後より、じょじょに縮む性質を持っています。これは、生体がケガを早く、強く治そうとする、自然な現象です。「創部の収縮」と呼ばれます。


ところが、この現象が、動きに関係する場所に起きると、不便な症状の原因となります。

例えば、まぶたや唇のまわりに起きると目が閉じれなくなったり、口を閉めきれなくなるなどの症状が出ます。また、肩や肘、手足などの関節の近くのきずあとでは、曲げ伸ばしが不自由になることもあります。
さらに、成長過程のお子様の場合には、きずあとによりその周囲の組織の成長が邪魔されてしまう可能性があります。

このようなひきつれを「瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)」と呼び、治療の対象となります。

 

瘢痕拘縮形成術

ひきつれを改善する手術治療を、「瘢痕拘縮形成術」といいます。


きずあとの部位、向き、大きさ、皮膚のテンションなどにより、治療法はことなります。
線状のきずあとの場合、ひきつれたきずあとに、ジグザグの補助切開を加えて向きを修正して縫い直す、「Z形成術」が代表的な治療法です。

また、ひきつれの程度が大きい場合には、皮弁形成、植皮、エキスパンダー法など、専門的な治療方法を検討することもあります。

当院では、創傷の治療のエキスパートである創傷外科専門医が、最適な治療方法を的確にご提案します。

治療に適した時期

ケガから間もなく、まだきずあとに赤みがある時期は、組織の変化が進行中であり、また、ひきつれの程度も判断しにくいため、治療に適しません。


きずあとはだんだんに、盛り上がりや赤みが目立ちにくくなり、痒みや、固さも治っていきます。瘢痕拘縮形成術は、これらの変化が安定してからおこなう必要があります。個人差もありますが、一般的には半年から1年ほどで安定します。

時間経過とともにきずあとが大きくなったり、赤み、痒みが強くなる場合には、ケロイドの発生の可能性がありますので、お早めに受診してください。

             ケロイドに関する詳しいご説明は、こちらをご覧ください。

健康保険が適応されます

運動障害を伴う瘢痕拘縮は、健康保険による治療の対象となります。
機能や成長に関する障害を起こす可能性のある疾患ですので、お早めに専門医にご相談ください。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約30分
麻酔 局所麻酔
洗顔 手術翌日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度の弱い痛み
シャワー 手術翌日から可能
カウンセリング当日の治療 可能
運動制限 1週間後から可能
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師が診察します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

局所麻酔のお注射をした後、施術を行います。
施術は30分ほどで終わります。

4.術後の診察

術後翌日と1週間後に医師の診察があります。

料金

その他のボディーの治療 料金表(税別)

刺青・タトゥー除去
レーザー照射 ¥20,000〜
切除術 ¥100,000〜
植皮術 ¥500,000〜
パラメディカル・タトゥー ¥50,000〜
キズ跡、ケロイド
  
瘢痕形成術 ¥100,000~
瘢痕拘縮形成術 保険適応
レーザー ¥7,000~
ケナコルト注射 保険適応
手術後の腫れ、内出血
  
インディバ ¥3,000~
医療全身脱毛
医療レーザー脱毛(両脇) ¥6,500
医療レーザー脱毛(上腕・前腕 ) ¥16,000
医療レーザー脱毛(下腿 ) ¥25,000
医療レーザー脱毛(大腿 ) ¥30,000
医療レーザー脱毛(背中・全体 ) ¥38,000

症例写真

症例 1

準備中