専門医が提供する安心で確実な形成外科・美容外科治療

皮膚剥削術(脂漏性角化症に対して)

皮膚剥削術(脂漏性角化症に対して)

このような症状のかたへ

  • しみが気になる
  • 表面が盛り上がるしみが多発している
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

脂漏性角化症とは

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれる皮膚の良性腫瘍の一種です。悪性ではないので、そのまま放置しておいても問題はありませんが、見た目の美しさをそこねるため、治療で除去することができます。

脂漏性角化症は、黒ずんだシミのように見えますが、さわるとザラザラと盛り上がり、角質が増殖しているのが分かります。皮膚の光老化とよばれる、紫外線による老化現象が原因で発生し、早ければ20~30代の若い頃から出現し、加齢と共に増えていきます。

大きさや数は人によってまちまちですが、ときに、痒みを伴うこともあります。

 

皮膚剥削術

脂漏性角化症は角質の増殖が主なので、シミのように黒ずんで盛り上がった部分だけを削り取る皮膚剥削術(削皮術)で治療できます。
メスで切除する必要はなく、きずあとも残りません。

局所麻酔薬入りのクリームを塗布したのち、施術をおこないます。病変が深かったり、早く治療を終わらせることを希望される方には、適宜、注射による局所麻酔を追加します。
小範囲であれば、5分ほどで施術は終了します。

施術後2週間は軟膏を塗布して施術部位を保護します。また、2ヶ月間は炎症後色素沈着によるシミが残らないように、紫外線予防をお勧めしています。

この治療には健康保険が適用されます。

 

施術の概要

施術の概要

施術時間 約5分
メイク 当日から可能
(施術部位はさけておこなう)
麻酔 不要
洗顔 手術当日から可能
(施術部位はさけておこなう)
術後の痛み ほとんどありません
シャワー 手術当日から可能
(施術部位はさけておこなう)
カウンセリング当日の治療 可能
デスクワーク 手術当日から可能
沖縄短期旅行中の施術 可能
運動制限 制限なし
術後の通院 術後に経過観察のための診察があります。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師が診察します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

麻酔クリームを塗布した後、施術を行います。
施術は約5分ほどで終わります。

4.術後の診察

術後に経過観察のための診察があります。

料金

しみ、くすみ、肝班、そばかすの治療 料金表(税別)

しみ
皮膚剥削術(脂漏性角化症に対して) 保険適応
しみ(レーザー照射による治療) \5,000(1個)
トレチノイン ¥1,600
ハイドロキノン ¥2,000
Xeo ¥10,000〜
ケミカルピーリング ¥8,000
乳酸トリートメント ¥8,000
くすみ
トレチノイン ¥1,600
ハイドロキノン ¥2,000
インディバ ¥9,500〜
Xeo ¥10,000〜
ケミカルピーリング ¥8,000
乳酸トリートメント ¥8,000
肝班
トラネキサム酸 保険適応
インディバ ¥9,500〜
イオン導入 ¥4,000〜
そばかす
レーザー ¥10,000〜
ケミカルピーリング ¥8,000

症例写真

症例 1

準備中

wwww