酒皻を漢方薬で治療するなら沖縄・宜野湾市の新垣形成外科

漢方薬

漢方薬

このような症状のかたへ

  • 酒皻が気になる
  • 赤ら顔をで治したい
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

酒皻(しゅさ)とは

酒皻とは、鼻や眉間、頬などの顔面の部位に赤みが見られる疾患です。まるで、お酒を飲んでいるかのように見えるため、酒皶(しゅさ)という名前がつけられました。

顔の赤みを引き起こす酒さの原因は、詳しくはまだ解明されていませんが、皮脂腺が異常に増殖するために、皮膚に栄養を供給する周囲の毛細血管も増殖することで、皮膚が赤くなると推測されています。

発症は中高年以降に多く、症状の重さによって3段階に分類されています。

第Ⅰ度酒皻・・・紅斑性酒皻
顔がほてって赤くなったり、やや太めの血管が表面に浮き出てみえるようになります。
第Ⅱ度酒皻・・・酒皻性痤瘡
紅斑性酒皻に加えて、ニキビの膿疱のようなブツブツができます。
第Ⅲ度酒皻・・・鼻瘤
鼻の膿疱が悪化して、できもののように鼻の頭が盛り上がった状態になります。

 

気をつけるべき生活上の注意点

酒皻の明らかな原因はまだ完全には解明されていないため、酒皻にならないように予防するための完璧な方法はありません。


ただ、さまざまな環境要因により、酒皻が誘発されたり、悪化することが知られています。

たとえば、日光、急激な温度変化、偏った食事習慣、熱い飲み物、アルコール、過度の香辛料、ストレス、ある種の薬剤(血管拡張薬やステロイド薬など)、お肌に合わない化粧品の刺激、などが指摘されています。

特に日光に当たることでの悪化はかなり影響が強いため、日焼け止めなどでのUVケアは必要です。

ただし、酒皻では敏感肌になっていることも多いため、日焼け止め、洗顔剤、保湿ケア、メイクなどは低刺激のものを使うとよいでしょう。

酒皻の治療

病変の部位、程度などや、体質・肌質により、各種の治療法を組み合わせて治療します。


おもな治療法としては、色素レーザーやLED、Xeoなどを用いた光線療法や、体質を改善し、炎症肌を抑える漢方薬による治療などがあります。

色素レーザー

血液に含まれるヘモグロビンをターゲットにした色素レーザーにより、酒皻で増殖している毛細血管を減らし、赤さを抑える治療です。

色素レーザーの原理に関する詳しいご説明はこちらをご覧ください。

LED

発光ダイオードを用いた光線療法です。皮脂の分泌を抑え、皮膚の清浄作用があります。また、赤ら顔に対しても用いられます。

LEDによる治療の詳しいご説明はこちらをご覧ください。

Xeo

ロングパルスの波長を利用したレーザー治療です。血管を退縮させ、酒さ、赤ら顔を抑える働きがあります。

 

Xeoによる治療の詳しいご説明はこちらをご覧ください。

ビタミントリートメント

皮膚の再生に必要な「ビタミンA」と抗酸化作用の強い「ビタミンC」の二つのビタミンを高濃度でお肌に導入する治療です。当院では、治療効果の高いエンビロンスキンケアを採用しています。

 エンビロンによる治療の詳しいご説明はこちらをご覧ください。

漢方薬

漢方薬は、長期コントロールを目的とした代表的な治療法です。体質に応じて、炎症を抑え、脂性肌を改善する漢方薬を長期に内服していただきます。当院で使用している漢方薬は、天然に存在する薬効を持つ産物から、有効成分を精製することなく用いる「生薬(しょうやく)」です。抗生剤や抗炎症剤のように、人工的に合成した薬剤と比較して、長期間、安心して服用することができます。

 

施術の概要

施術の概要

施術時間 自宅でのケアとなります
メイク 制限なし
洗顔 制限なし
シャワー 制限なし
カウンセリング当日の治療 可能
デスクワーク 制限なし
沖縄短期旅行中の施術 可能
運動制限 制限なし
術後の通院 術後の処置はありません。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師が診察します。
お薬を処方します。

料金

赤ら顔、酒皻 料金表(税別)

赤ら顔
 
漢方薬 保険適応
LED 1回¥3,000 5回セット¥10,000
Xeo ¥10,000~
ビタミントリートメント ¥8,000~
酒皻
 
漢方薬 保険適応
色素レーザー 保険適応
LED 1回¥3,000 5回セット¥10,000
Xeo ¥10,000~

症例写真

症例 1

準備中