小耳症・スタール耳・耳の変形の耳介形成術は沖縄・宜野湾市の新垣形成外科

耳介形成術

診療内容ピックアップ

診療時間
9:30~12:30
受付時間
(9:30〜12:00)
×
14:00~17:30
受付時間
(14:00〜17:00)
×

※完全予約制

新着情報

新着情報一覧へ

新垣院長のブログ

ブログ記事一覧へ

野村医師のブログ

ブログ記事一覧へ

診療記録等の開示を申請する方へ

その他の耳の変形

このような症状のかたへ

  • 子供のころから耳の変形がある
  • 局所麻酔が頑張れる年齢である
  • 特徴
  • 施術の概要
  • 施術の流れ
  • 料金
  • 症例写真

特徴

様々な耳の変形

日本を含むアジア圏内では、西洋に比較して、生まれつきの耳の変形の発生頻度が高いことが知られています。文化的にも、日本では耳の変形があってもあまり気にされないこともありますが、海外では耳の変形は非常に嫌われるため、幼少時に治療されることがほとんどです。

それぞれの耳の変形に対して、耳のかたちを正常に修正する治療法があります。中には、治療に適した時期がある場合もありますので、早めに形成外科専門医にご相談ください。

スタール耳 : 後方に尖ったようなかたちの変形

耳の組織自体が不足している小耳症の治療

小耳症とは、耳の大きさ自体の変形で、低形成の程度により、一部が欠けたようになっている場合から、完全に耳がない場合までさまざまです。
また、外耳道欠損と言って耳の穴が閉じている変形を合併していることもあり、その場合には聴力障害を伴います。
小耳症の治療は、その他の耳の変形とことなり、耳の部品、すなわち欠損している軟骨からつくりあげる必要があります。
一般的な治療法としては、肋軟骨を採取して耳のかたちを作成し(肋軟骨移植術)、約半年ほど待ってから耳の裏面に植皮をおこなって立ち上がった耳のかたちを作ります(耳介挙上術)。このためには、耳の大きさと肋軟骨のボリュームが十分な大きさになるまで成長を待つ必要があります。具体的には、10歳以上、胸囲60cm以上が治療に適した時期です。
この治療は全身麻酔・入院治療が必要ですので、当院の野村医師が非常勤をつとめる沖縄市の中頭病院で、小耳症専門の形成外科医師と連携して治療をおこないます。

治療は健康保険が適応されます

手術は健康保険が適応されます。また、幼少時の医療費は市町村からの「こども医療費助成制度」が利用できます。詳細は、お住まいの地域の役所にお問い合わせください。

施術の概要

施術の概要

施術時間 約30分1時間
麻酔 局所麻酔
洗顔 手術翌日から可能
術後の痛み 痛み止めで抑えられる程度の弱い痛み
シャワー 手術翌日から可能
カウンセリング当日の治療 可能
運動制限 1週間後から可能
術後の通院 術後翌日に診察があります。
術後1週間で抜糸があります。
幼児に関する注意点 幼児、学童で、局所麻酔手術時に安静が保てないお子様の治療の場合、全身麻酔、入院治療が必要になります。
そのような場合は、関連病院をご案内します。

施術の流れ

1.予約

お電話もしくは無料カウンセリング予約から、来院をご予約ください。

2.診察

医師が診察します。
施術の概要などを医師からご説明いたします。

3.麻酔・施術

局所麻酔のお注射をした後、施術を行います。
施術は30分1時間ほどで終わります。

4.術後の診察

術後翌日と1週間後に医師の診察があります。

料金

耳介の治療 料金表(税別)

耳介の変形
副耳切除術 保険適応
立ち耳 耳介形成術 保険適応
柔道耳 耳介形成術 保険適応
埋没耳 耳介形成術 保険適応
その他の耳の変形 耳介形成術 保険適応
ピアスホール
ピアスホール作成 1個 ¥5,000
ピアスによるトラブル
ケロイド切除術 保険適応
耳垂裂形成術 ¥100,000

症例写真

症例 1

準備中